冬のための羽毛ふとん。

お使いの羽毛ふとんを触ると、芯のようなものにふれたりしませんか?

また、柄物で中が見えない、ごわごわするようなものをお使いではありませんか?

もしどちらか1つでも当てはまるようでしたら、その羽毛ふとんは機能を果たしていません。

思い切ってハサミを入れてみてください。

中から真っ白で、大きくて、キレイなダウンが出てくることはないでしょう。

極端に安いものは、芯のあるフェザーが入っているものが多く、そのフェザーの吹き出しを防ぐために、ごわごわしたハリのある側生地を使っています。

そういったものは当然生地の通気性も悪く、羽毛の本来の特性である熱と湿気を吸って吐き出す機能を発揮出来ません。

眠家セレクトの羽毛ふとんは、真っ白い側生地で中身も確認出来るうえ、柔らかい素材感で肌触りと通気性を追求しています。

羽毛の持つ本来のちからを是非店頭で体感してください。


生地にもこだわった金澤屋オリジナル羽毛ふとん

創業175年余の歴史を持つ「金澤屋」オリジナルの羽毛布団。

中身はもちろんですが、側生地にもこだわって作られた羽毛布団は、上質で機能的。

 


最高の羽毛布団を選ぶための3つのこと。

羽毛布団は側生地で良し悪しが変わる。

中身の羽毛ばかり重視されがちですが、羽毛を包み肌により近い側生地こそ大きなポイントです。

軽く、やわらかく肌添いがよいものだと、暖かさや体の楽さ、それによる眠りの深さも異なります。

 

羽毛の質で変わる暖かさと耐久性

当然羽毛の質も大切。 

しっかりしていて弾力があるものは、空気をたっぷり含んでくれ暖か。
繊維自体も壊れにくいので、暖かさをたもてる年数も長いです。

 

充填方法やキルティングで変わる肌添いや暖かさ

充填量が多ければよいというものでもありません。

膨らみすぎていれば肌添いが悪く、暖まりにくいものです。
そこで金澤屋の羽毛布団は肌添いがよいように、また使い勝手も考えてマスごとに量を微妙に調節しながら入れています。
キルティングは、一般的によく見られる4×5マスではなく、体と掛け布団にスキマができにくいよう、マス数をふやした5×6マスになっています。
キルティング方法はシンプルな立体マスですが、上下裏表使え、長い目で見て使い勝手がいい仕様です。


kanazawaya / DOWN QUILT

金澤屋 / 羽毛布団


ポーランドホワイトグース

シングル          150×210 0.8kg     ¥149,040       
セミダブル 175×210 1.0kg

¥208,656

ダブル 190×210 1.1kg

¥238,464

クィーン 210×210 1.2kg

¥268,272

キング 220×210 2.0kg

¥298,080

側生地:コットン100%

インナー:ダウン93% フェザー7%


カナダコロニアルマザーグース / スビンコットン

シングル          150×210 0.8kg     ¥226,800       
セミダブル 175×210 1.0kg

¥294,840

ダブル 190×210 1.1kg

¥340,200

クィーン 210×210 1.2kg

¥385,560

キング 220×210 2.0kg

¥430,920

側生地:スビンコットン100%

インナー:ダウン93% フェザー7% 

 


カナダコロニアルマザーグース / スビンコットン

シングル          150×210 1.2kg     ¥248,400       
セミダブル 175×210 1.4kg

¥322,920

ダブル 190×210 1.6kg

¥372,600

クィーン 210×210 1.8kg

¥422,280

キング 220×210 2.0kg

¥471,960

側生地:スビンコットン100%

インナー:ダウン93% フェザー7% 

 

●スビンコットンの特徴

インドのスビンコットンは、インド超長綿スジャータと海島綿を交配して産まれた綿素材。

インドの綿の生産量の0.025%しか取れない希少性のある綿です。

繊維の細さは世界で最も細い超長綿でありながら、非常に繊維が強いうえに、滑らかで肌触りが非常に良いことが特徴。

生地が軽いことも特製の一つで、ダウンの軽さを生かす素材となっています。