わたし・あの人に似合う1枚が見つかる

ポケットショールどれ選ぶ?《完全ガイド》

「毎年迷ってるけど今年も決められずに冬が終わった...」にならないように。

 

4種のシリーズ、総勢22色と豊富なカラーバリエーションがゆえに「迷って決められない族」が必ず出てきてしまいます。

 

ウール100%で羽織ったそばからじんわりと暖かく、そしてポケットに携帯やお財布を入れてそのままお外へGO出来るとても優れもの。買い逃してしまうのは本当にもったいないくらいです。

 

あの人に贈りたいけどどのシリーズにしたらいいのか、自分の持っている服とどの色が1番合うか、今年も悩んでいるあなたにminkaスタッフが『ポケットショールどれ選ぶ?完全ガイド』を作成しました。

 

クリスマスギフトに、ご自身用に。

これを読めば失敗いらずのガイドをぜひご覧ください。 

【STILE 1】身長別サイズ

実はシリーズごとに長さや厚みが微妙に異なり、同じ種類のショールでも身長によって見え方が変わります。

大きくはポケットやフリンジのくる位置、そして腰回りがカバーされるかされないかも重要ですね。

スタイリングで気になる部分を徹底チェックしました。

今回検証するデザインは人気のこの3つ

左から UNIW60×H170(cm)

MARIA:W60×H180(cm)

IIDAW60×H200(cm)

◉低身長さん

モデル:身長155cm

左からUNI, MARIA, IIDA

こうして見比べてみるとフリンジが体のどのあたりにくるかで印象が変わって見えませんか?

長さの1番短いUNIはコンパクトな印象に。UNIよりも薄手で且つ長さの長いMARIAはすっきりと縦長シルエットに。そしてシリーズの中で1番長いIIDAはフリンジが膝上くらいまできて、全身たっぷりと包まれる雰囲気に早変わります。

目線がUNIだとトップに、MARIAとIIDAはボトムにボリュームがくるように感じます。そのため身長155cm以下の低身長さんは持っているボトムスによってシリーズを選んであげると失敗が少ないです。

 

目線が上に来やすいUNIは、ボトムスにワイドパンツやロングスカート合わせやすいです。

体型をカバーしたい方はMARIAを選ぶとすっきりと見えてスタイルアップに◎

ボリューミーなIIDAはショールをメインにして、トップスやボトムスはシンプルに

◉標準さん

モデル:身長161cm、靴のヒール6.5cm

左からUNI, MARIA, IIDA

身長156~164cmの標準さんは、フリンジの位置よりもポケットの位置で印象が変わります。

ちょうど手の下ろした位置にポケットがくるMARIAやIIDAは、使い勝手は抜群のサイズ感です◎

UNIは身長が160cm以上の方だとポケットの出し入れは少ししづらく感じます。

羽織った時の印象はこちらも薄手のMARIAだと全体的にすっきりとした印象に見えます。オーバーサイズな服よりもタイトめなトップスや細身のパンツを普段履く方は、MARIAと合わせるとすらっと縦ラインのキレイなシルエットに仕上がります。

 

ロングスカートやワンピースなどスカートを普段よく履く方には、コンパクトなUNIはバランスが取りやすいです。

 

ゴージャス感の出るIIDAは、インナーはすっきりとさせ、ロングスカートやワイドパンツにも合わせやすく、また体型をカバーしたい方にもおすすめです。

◉高身長さん

モデル:身長168cm

左からUNI, MARIA, IIDA

身長165cm以上の高身長さんは、ショールの長さが間延びせず軽やかな印象に。インナーやボトムスもしっかりと見えるので、着る洋服のシルエットだけではなく、カラーや雰囲気で選んでも良さそうです。

 

ただUNIだとポケットの位置が高すぎて、ポケット付きショールとしての使い勝手はイマイチかもしれません。

ギフトでお探しならMARIAやIIDAを選んであげた方が相手も気兼ねなく使えそうですね。

コンパクトサイズのUNIは、写真のようにロング丈のトップスやワンピースと合わせるとポケットの位置が気になりにくくなります。カラーバリエーションも多く、スウェットなどのカジュアルな服装でも浮きにくくなります。

 

ボリュームのあるパンツやスカートが好きな方はMARIAがおすすめです。ショールが重たくなりすぎず自然な台形型のシルエットに仕上がります。

 

他2つと比べると肉厚なIIDAは、前から見た丈はそこまで変わらなくとも、肘や腰元までたっぷりと包み込んでくれる感じがラグジュアリー感をプラスしてくれます。

シンプルな服装よりも一癖効いたデザインやファッションにこだわりのある方に人気があります。

<<ギフトで贈りたい方必見>>

骨格タイプ別おすすめシリーズ

 贈り先の方のコーディネートに似合うのか正直自信がない...、

やっぱり迷って1つに決められない、

という方に身長や体型別に1番似合う

シリーズをセレクトしました。

  低身長さん 標準さん 高身長さん
瘦せ型さん UNI UNI・MARIA MARIA・IIDA
標準さん UNI・MARIA IIDA・MARIA MARIA・IIDA
ぽっちゃりさん  MARIA MARIA・IIDA  IIDA

<低身長さん>身長155cm以下 <標準さん>身長156〜164cm  <高身長さん>身長165cm以上としています。

ラッピング内容、無料期間は予告なく終了する場合がございますことご了承ください
ラッピング内容、無料期間は予告なく終了する場合がございますことご了承ください

それぞれのカラーバリエーションはこちら

【STILE 2】服装別おすすめカラー


「持っている洋服にどの色が合うか...」「ギフトとして贈りたいけど好きな色がわからない...」

そんなみなさんのお声にお応えして、4シリーズ、総勢22色の中から、服装別に合わせやすい色をピックアップしました。

◉ハズレなし「迷ったらこれ!」な一枚

MARIAグレー×ホワイト、UNIモカ

色がありすぎて迷ってしまう方にはハズレなしのこの2色がおすすめです。

MARIAグレー×ホワイトは柄モノですが、そこまで柄が際立つわけではないので合わせる洋服を気にせず羽織れてしまいます。

新色のモカは濃いめのブラウンですが暗すぎず、秋冬のスタイルに合わせやすい絶妙な色です。

◉シンプルスタイルの方に

UNIグレー、UNIベージュ

ワードローブがモノトーンやグレーなどシンプルカラーが多い方には、グレーやベージュを選ぶと統一感が出て合わせやすくなります。

全体的にすっきり引き締まった印象になるグレーに対し、ベージュは顔周りが明るくなりやわらかい雰囲気になります。

◉やっぱりピンクが好き!

UNIサクラ、IIDAローズ×ホワイト

選んでいるつもりはなくても自然と持ち物にピンク系が増えている、なんて方いませんか?

ピンクは永遠の憧れの如く思わず目に止まってしまう色ですね。

ローズ×ホワイトのIIDAはやわらかくやさしい印象に、一方のサクラはくすみのあるピンクなため年齢を問わず愛される色です。

◉スタイリッシュなクール系

MARIAブラウン×ブラック、IIDAブラック×ホワイト

幾何学模様のMARIAブラウン×ブラック、ヘリンボーン柄のIIDAブラック×ホワイト。

羽織るだけで都会的な雰囲気の出るこの2つは、スタイリッシュなコーディネート好きにはたまらない組み合わせです。

他のシリーズと比べ長さも十分にあるこの2つは、男性へのギフトにもよく選ばれています。

◉個性派オシャレさんに

UNIブルーベリー、UNIレッド、UNIグリーン

冒険カラーであるこの3色は個性派オシャレさんにおすすめです。

とは言ってもショールはアウターと比べてファッション小物の要素が強いので、発色の良い色でも派手になりすぎません。

洋服ではチャレンジしにくい色だからこそショールで色づかいを楽しんでもらいましょう。

コンパクトなUNIやすっきりスタイルアップなMARIA、たっぷり大判のIIDA。

長さが厚みが違うだけで印象がだいぶ変わりますよね。

 

合わせる洋服によってカジュアルにもフォーマルにも変身するショールは、持っているだけでオシャレの幅も広がります。

カラーやシリーズによって羽織った時の印象も変わるので、すでにお持ちの方も2枚、3枚持つのもおすすめです◎

定番カラーのMARIAのグレー×ホワイト、新色のフォレストグリーンは今年1番人気なので、気になっている方はぜひお早めに!

ポケットショール全種類は

こちらからご覧いただけます。