N.HOOWLYWOOD COMPILEのバックパックを発売


普通のデイパック。それでいて究極的に使い勝手の良いバッグ。

全く無駄のないデザインで飽きが来ないのが欲しいと感じられるものが前提で、頑丈で雑に扱っても壊れもせず、だけど背負った時には「なんかかっこいいな」と思えるものとは何か。

<N.HOOLYWOOD>×<PORTER>のデイパック(オフィシャル的にはバックパックです)は、トレンド性があるとちょっと気恥ずかしかったり気後れしたりする要素が全くと言っていいほど見当たらないのに、背負った時にかっこいい。そのバランスを見事にとったデイパックの傑作です。

 

眠家にて7月27日(土)発売。


究極的な普通を追求した、機能性のみを残したデザイン

このデイパックは本体からファスナーからタグに至るまで全て黒で統一された地味なデザインです。「モードらしい」と言い換えることもできます。ワイズやコムデギャルソンに代表されるようなモード感たっぷりの格好でも違和感なく使えるミニマルなものです。

 

デイパックとは本来、一日分の荷物が入るアウトドア用のバッグのこと。アウトドア由来の道具は、極端に言うと生死に関わる環境下において一切の無駄を省くのが常であり、デイパックも例外ではありませんが今ではそれをベースとした様々なデザイン(見た目の意味で)のものが存在しています。そして元来それらは必要のないものである一方で商品の個性や差別化にも繋がっています。

 

<N.HOOLYWOOD>×<PORTER>のデイパックは一見してそれがどこのものなのかが分からないデザインがされています。<N.HOOLYWOOD>の製品にはクリーム色のタグがつくのですが、このデイパックでは黒に変更されより匿名性の高さが際立ちました。

私たちが求めていた佇まいはまさにコレと言って過言ありません。


デイパックにしては高額。だけどそれを凌駕するクオリティ

定かではありませんが、初登場したのは2015年の春夏コレクション頃だったかと思います。ちょうどその頃に何かのメディアで目にしたのを覚えています。当然ではありますが<N.HOOLYWOOD>製。デイパックを買うには高額です。

サンローランやメゾンマルジェラのようなハイブランドであれば別ですが、基本的にUSメイドかアジアンメイドのデイパックが多いアウトドアブランドではこの価格帯はないでしょうから、やはり国産でしかも品質の担保をする<PORTER>メイドというところで、この価格を設定していることが伺えます。

私個人の使用感で言いますと、いくつかの<PORTER>を所持していますが壊れたものは一つもありませんし、くたびれたと実感するものすらも10年以上使って初めて気づくくらい頑丈で、信じられないほど長持ちしています。

<PORTER>のユーザーの誰しもが「驚くくらい壊れない」という事実に直面しているのではないでしょうか。

少し話は脱線します。

以前<PORTER>に関して特集したテレビ番組を見たことがありました。その中で<PORTER>は自社工場を持たず町のカバン職人たちと契約し、職人たちの創意工夫によって品質が上がっていくことを知りました。「より良いものを作りたい」と考える職人たちの思いによって<PORTER>が<PORTER>然とした品質を保っていること。

そして、もし壊れた時は作った職人のもとへ戻せる仕組みがあることも語られていました。作った本人が一番癖を分かっているから基本的には本人に直してもらうのだそうです。

 

そんな良いものづくりの環境は果たしてどれだけ残っているのでしょうか。品質に対して絶対的な自信がありサポートしていく<PORTER>。しかも<N.HOOLYWOOD>がディレクションしたデザインですから、その面においても絶大な信頼がおけるわけです。

そう考えると3万円は決して高いとは感じられなくなりました。


普通なのに普通じゃない気遣いのできた構造

使っている人以外に気づかれる必要もないところで、使っている人にこそ気遣いの行き届いたデザインができています。

例えば、デイパックって普通メインの収納と前ポケットのいわば2層構造が普通なのですが、このモデルはもう1層あり一見すると真っ黒ということもありよく分かりませんでした。ですが使っている側とすると本当に使いやすいと感じます。

 

使い方や使う人の種類にもよりますが、例えば旅行に行く場合、メインポケットは着替えや飲み物やノートパソコンといった体積の大きなものが入れられ、その隣にあるサブポケットは書類などの薄手のものや、中に小分けのポケットがあるのでコード類だったりモバイルバッテリーなどを区分けできます。

前面の小ポケットは鍵や財布などを入れておくのに適しています。

見た目は普通にしか見えないのに、より使い勝手を考慮したデザインによって、普通のデイパックにはできない「フォルダ分け」が可能となっています。

 

ちなみにメインポケットのファスナーは「止水」といって、完全ではないものの雨などの水の侵入を防ぐ処理がされていますので、土砂降りでない雨程度なら一時しのぎが可能です。生地自体も多少の雨なら弾いてくれます。表地と裏地は異なっており、使った感想で言えば雨が染み込んだ経験はありません。


様々なデイパックを比較した時、大切に考えていたのは使われている生地のニュアンスでした。

ざらつきのあるポリエステル生地のものが多いと思うのですが、そのざらつきが強すぎると着ている衣類を傷めてしまいますし、見た目もギラつきます。硬すぎると形状を維持しすぎるので内容量が少ない時に邪魔になります。だからと言って強度が弱ければ数年でダメになってしまいます。

それに同じデイパックといえど、チープな素材ですとやっぱり見た目でも分かってしまいます。

 

ファッション的観点で言えば、デイパック自体無骨でいかつい男っぽさのある道具ですから、柔らかさが見えないとバランスのとりづらいものでもありますし、女性も選びにくいと感じると思うんです。ある程度レンジの広い洋服に対応できるには、背負った時に多少クタッとした質感も出せる方が良い。


それらのバランスの良さが本当に見事です。完璧と言ってもいいでしょう。見た目はさっぱりしていてシンプルな構造だけどハイスペック、強度があるのに柔らかさも感じられる。

特に重要なのは「くたり方」で、背負った時中に入れたもので重心が下にあると見えている方がデイパックらしいなと感じますし、その生地の落ち具合に色気があると思います。上品さとはまた違ったニュートラルさに魅力があるのではないかと思っています。

もちろんたっぷりと入る大容量のサイズ感も男性なら軽く一泊二泊程度使えるほどですし、学生なら数年間毎日使うに十分な耐久度で飽きもせずに使い続けられます。

家に帰ってきたらバサッと投げても大丈夫(実際あまりそんなことはしませんが…)。

 

 

本当に自信をもって最高のデイパックと言えます。

眠家では7月27日より発売です。


ブランド N.HOOLYWOOD×PORTER

アイテム バックパック

品  番 AC04 peg

サイズ  ONE(ラージサイズに相当)

カラー  ブラック

プライス 30,000円+税