嫌いな人はいない、最高の感触。

 

あたたかくて気持ちがいい、

起きたくなくなるラクダのケット。

 

 

 

手間をかけてでも使いたくなるほど、素晴らしい寝心地体験

 

ケットに使われる素材といえば、コットン、リネン、ポリエステル、アクリルといった、比較的安価で手頃なものが一般普及しています。それはお手入れのしやすさや、気にせずに毎日使える、という点でも当然のこと。寝ている時には自分が思っている以上に汗をかき、雑に扱っているものですから、メンテナンス性はとても大事なポイントでもあります。

金澤屋が作ったキャメルのケットはそういった意味では扱いづらい商品です。ご自宅でお洗濯することはオススメしていませんから、クリーニングに出す必要があります。しかし、その手間をかけてでも使いたくなるほど、素晴らしい寝心地が体験できます。

 

 

 

保温性、吸収放湿性、軽量性、弾力性に富むオールマイティなラクダの毛

 

キャメル、つまりラクダの毛を100%使った贅沢すぎるケット。その特性はずば抜けた暖かさに加え、厳しい環境で育つ動物ならではの放つ湿性(汗をかいても外に逃がす力)、弾力、軽さ。これらが同じ天然繊維のコットンやウールと比較しても高く、今まで味わったことのないくらい気持ちがいい寝心地。それにそのキャメルを包む表地部分が柔らかでストレスとは無縁のコットンニットで仕上げてあるためモチモチとした癖になる手触りを生んでいます。使ってしまうともうコレなしの冬は考えられません。羽毛布団の下に使うだけで、十分冬を過ごせるレイヤーになります。

 

 

 

肌に吸い付くような気持ちいいコットンニットのタッチ

 

表地のコットンニットはその手触りや暖かさだけが役割ではなく、寒い外気から体を守る役割もあります。キャメルの暖かさは前述した通りですが、冬になると布団の隙間から入ってくる冷気が体を冷やしてしまうことがあります。コットンのタオルケットならそれも防げますが、暖かさには欠ける。アクリルの毛布なら肌触りが良く温かいですが、吸水性・吸湿性に欠ける。ウールはそのどちらも優れていますが、静電気が起きやすく冬場の寝具には難易度が高め。そういった意味ではキャメルはメンテナンス以外の部分で完璧です。

夏はさすがにあたたかすぎますが、それ以外の季節では快適に使えます。

 

 

糸切れを起こしにくくしました

 

カバーを掛けずに使用していると糸切れを起こす場合がありましたが、ステッチにウネリを加えることで糸切れを起こしにくく仕様変更しました。

 

現在販売中の製品はこちらの仕様となります。


金澤屋/キャメル ソフトフィットケット

キャメルは、ゴビ砂漠に生息する『ふたこぶらくだ』のことで、夏は40℃、冬は-40℃という厳しい寒暖差を生き抜くために独特の発達をとげたラクダの毛を中綿に使用しています。ラクダは、外側は硬い毛でからだを守っていますが、その下は、とってもやわらかな毛で体表面をおおっています。この肌掛けに使っているのは、そのやわらかい部分。春の終わりころ、現地の人がクシですいたものを選別します。ポピュラーな羊毛よりも繊維が細く柔らかく、繊維が中空になっていて軽く、吸・放湿性も上をいきます。春から夏の始まりまではこれ一枚で。秋から冬は毛布としてインナーケットに。

 

中綿_キャメル100%/表地_コットン100%/日本製

機能_保温性、透湿性

¥28,994

  • 有効
  • 配送期間:1-3日1

キャメル ソフトフィットケットにはこんなカバーがオススメです。

 

柔らかさを更に生かす、

もっちり素材のエアニット。

 

二層に重ねた薄いニット生地は中綿の手触りを殺すことなく、良さを活かしたままモッチリ感をプラスしてくれます。空気の層はあたたかく、気持ちの良い寝心地です。

 

 

清潔感たっぷりの、

無垢なダブルガーゼ。

 

細い糸を使い密度を高くした、ハリのあるコットンガーゼを二層に重ね、ふくよかで優しい肌触りを実現しました。シーズンレスに使えます。

 

 

オーガニックコットンらしい、

体にやさしいガーゼ。

 

生地に使うコットンを栽培から見直し、無農薬で作られたコットンで仕上げたガーゼカバー。赤みがかった生成りの色合いや人体に負担の少ない生産が特徴です。