RAINFUBS / RIGEN-W , BARAN

 

一年を通して雨の日が多い日本。

 

降水量は平均年約1,700mmまでなり、世界平均の2倍に相当するほどの量の雨量になっています。

 

日中の快適さが睡眠の質に影響を及ぼし、睡眠の質が日中の快適さに影響を及ぼすと考えるminkaにとって、雨の日のストレスは大敵です。

 

ましてや、冬になった時の新潟の雪ときたら、出かけることをためらわせる時も多くなります。

 

ということで、いかに雨の日にストレスを感じることなく過ごせて、雨の日の身だしなみを整えるための道具選びにレインブーツを探して出会ったのがこのレインファブス。

 

 

まず、手に取ると驚くのが革靴と見間違えるほどのリアリティーを感じる、細かな履きシワやレザー特有のシボ感。

 

これを型の段階で再現し、PVCという防水性と柔軟性、そして耐久性もある素材でレザーの質感を表現しています。

 

では、その履き心地はというと、内側全面にインナークッションが充てられており、足をつま先から甲部分、そしてかかとからの足裏までを優しく包み込むことによって、レザーとは異なる心地よいフィット感が生まれて、長時間の歩行にも耐えられる作りになっています。

 

しかもこのインナークッションは、抗菌防臭加工なので、汗をかきやすい靴の中の空間を清潔に保ってくれるという細かな配慮も。

 

 

いわゆるゴム長靴を持っている方はこんな経験はないでしょうか?

 

「しばらく使わない期間のうちにブーツが白い粉を吹いてしまった」

 

そして革靴をお持ちの方はこんな経験はありませんか?

 

「雨の日に履いたら水シミがついてしまった」

 

レインファブスの素材、PVCはそういった心配が不要です。

 

ケアが楽チンなので日常使いがとてもしやすい。

 

新潟の大雪の時はもしかしたらスネ丈くらいの長さのゴム長の方が雪対策としては活躍するかもしれませんが、雪解けの水対策や、梅雨時や台風シーズンといった感じで、年中通して活躍するでしょう。

 

 

デザイン性もシンプルなサイドゴアブーツなので、いわゆるゴム長と違って、天気がはっきりしない日でも、街中で違和感なくコーディネートできます。

 

朝は雨が降っていたのに、夕方には晴天、みたいな日に合わせていてもOK。

 

スーツを着られる男性などは、雨の日でも水シミを気にせず履けるからとても重宝します。

 

男性にも女性にもお勧めな逸品です。